原因と生活習慣の見直し

脂肪がついてしまう原因

最近、お腹周りの脂肪が気になりだしてきたという方は、
何かしらの原因となる自覚症状がないでしょうか?

 

自分は一切の不摂生を省き、常に健康な状態を維持できるように心掛けている、という方の中に肥満体型の人は存在しません。

 

 

稀に、気が付いたら体重が思いのほか増加していた、
という方もいらっしゃいますが多くの場合、
自分のお腹がどうしてこんな状態になってしまったのか、
その理由に心当たりがあるはずです。

食事と生活と脂肪

私たち日本人は、元来、肥満とは縁遠い位置に暮らしていました。

 

それが食生活の欧米化に伴い、脂肪分の多い食事をする機会が増えたことによって、
身体の中に分解しきれない脂肪が蓄えられるようになっていったのです。

 

勿論、脂肪がたまる原因としては、食生活だけが原因とは言い切れません。

 

脂肪分の多い食事をしているのにもかかわらず、
全く体型に変化がみられないような方だって存在するのです。

 

『太る=脂肪がたまる』理由には、食生活以外にも、
運動不足や精神的ストレス、親から受け継いだ遺伝的要素などの影響も考えられます。
 
つまり、それまでなかった脂肪がお腹周りに付きだしたということは、
必ずそこに至るまでの原因が存在するということです。

 

食習慣を見直す

お腹についてしまった脂肪を減らす場合、
ダイエットという行為は必須作業です。

 

また、ダイエットには様々な方法があるので、
その中から自分に適した方法を選択することが重要になってきます。

 

その中でも、食生活に関する見直しは、最も効果的
ダイエットといえます。

 

たとえ運動を主としたダイエットに、身体が拒否反応を起こしてしまうような人であっても、食事を拒否することはできないでしょう。

 

まずは一日三食をバランス良く摂取することを心掛け、
そこから次のステップへと進んでいくのです

 

できる範囲での運動を試みる

食生活の改善から脂肪の減少が見込めないような方の場合、
運動は避けて通れないダイエットメニューとなります。

 

特に食生活の見直し法では、減少していった体重が、
ある一定のラインから急に落ちなくなることがあります。

 

この状態こそが、身体が運動を欲している
(消費カロリーの増加が必要である)サインなのです。

 

但し、ダイエットには『極端』という言葉は天敵です。

 

急に無茶な運動を試みることは、身体に大きな負担を掛けてしまうので注意が必要です。

 

過去、体育会系であったという経験を持っている方でも、
半年も運動をしていない時期があれば、
無理のないウォーキング程度から始めるようにしてください。

 

また、脂肪燃焼をサポートするサプリメントも今たくさん売られていますので、
それらを併用することでダイエット効果をアップさせることができます。

 

生活習慣の見直し

ダイエットを目的とする方で、一番の難敵は生活習慣の見直しです。

 

これは文字通り習慣づけられている悪習を改善することなので、
たとえ一日、二日は上手くいったとしても、
またすぐに元の状態へ戻ってしまうことは珍しくありません。

 

 

その大半の障害となっているのは仕事です。

 

とりわけ不規則な勤務体系を強いられている方の場合、
日々の睡眠時間はもとより、食事の時間帯を調整することも難しく、
一般的といわれる生活自体が縁遠い方も存在します。

 

 

近年は、男女の間で職務内容における格差がなくなってきているとはいえ、
それでも男性の方が過酷な状況下で働いている実状は、否定できない事実です。

 

勿論、ストレスには個人差もあり、
こうした仕事に就いている男性特有の悩みごとではありません。

 

しかし、このような背景が、多くのストレスを生み出す要因ともなり、
そこから派生するように大量のアルコール摂取が生まれ、
暴飲暴食に走ってしまうような傾向が出てくることも、また事実なのです。

 

とはいえ、お腹についてしまった脂肪を職業病と言って済ませてしまうには、身体にとってのリスクが伴い続けます。
健全な生活、健康的な身体を維持するためには時として仕事を選ぶ勇気も必要でしょうが、まずは出来る範囲から生活を見つめ直しひとつずつ、無理のない改善を続けていくことです。

page top