ウォーキングはどれぐらいやれば効果があるの?〜歩数編〜

近年はウォーキングをダイエットのために行う人が多くなってきましたが、
それ以前からも健康や体力維持のためにウォーキングと称する朝夕の散歩を行う人は少なくありませんでした。

 

特に激しい運動が困難となった老人にとって、ウォーキングは負担のかからない運動として人気があり、今でも多くの人が取り組んでいます。

 

しかし、健康や体力維持を目標としたウォーキングと
ダイエットを目的としたウォーキングとでは少々意味合いが違ってきますよね。

 

ダイエットのために行う際には、ウォーキングによる運動量で
脂肪燃焼が結果として現れなければ何の意味もありません。

 

そこで今回はウォーキングダイエットを行う際の歩数の目安について詳しく説明していくことにしましょう。

歩数の目安

人が歩く際の歩幅は下記のように身長によって変わってきます。

  • 身長170cmの人/63cm
  • 身長165cmの人/61cm
  • 身長160cmの人/59cm
  • 身長155cmの人/57cm
  • 身長150cmの人/55cm 

しかし、ウォーキングダイエットで脂肪燃焼効果を期待するためには
普段通りの歩き方はおススメできません。

 

通常歩行よりも大きな運動量を生むスピードウォーキングを心がけることが必須となってくるのです。

 

ですから当然、通常時の歩幅よりも広い下記のような歩幅が推奨されます。

ダイエット効果のある歩幅

  • 身長170cmの人/76cm
  • 身長165cmの人/74cm
  • 身長160cmの人/72cm
  • 身長155cmの人/69cm
  • 身長150cmの人/67cm 

通常の歩幅と比べるとおよそ10cmの差が出ていることに気づいてもらえるかと思います。

 

歩幅を広げることでスピードが上がるだけでなく、
通常歩行では期待できない筋力負荷も実現できるので、
同じ距離を歩くにしても大きな運動量が期待できるというわけです。

 

それではこの歩幅を念頭に置きながら、
どれくらいの歩数を目安にしてウォーキングに取り組めば
ダイエット効果が生まれるのかを探っていくことにしましょう。

 

おススメのダイエット効果が期待できる歩数は? 

仕事に忙しく、ついつい運動不足となりがちなのが現代人。

 

しかも、その毎日の摂取カロリーは毎日300kcalもオーバーしており、
放っておくと1ヶ月に1kgsづつ太っていく計算になります。

 

つまり誰もが日々、肥満の危機にさらされているといういわけなのです。

 

しかしこの300kcalを何とか消費できれば肥満から逃れることはできるということですよね。

 

それではこの300kcalをウォーキングで消費するにはどれくらいの歩数が必要になってくるのでしょうか?

300kcalを消費できる歩数は1万歩と言われており、
身長170cmの人が1万歩ウォーキングするとしてその距離は7.6kmということになります。

 

またこれはあくまで肥満防止のためのウォーキングを前提としたものですから、
食事制限で摂取カロリーを抑えながら1万歩ウォーキングに取り組めば、
1ヶ月で約1kgのダイエット効果をもたらすことにもなるのです。

 

ですから300kcal燃焼を目的としたウォーキングに取り組めば、
ダイエット効果と肥満防止どちらの対策も取れるというわけです。

ウォーキングダイエットは短期集中ダイエットではなく、
長期的に徐々に痩せていくことを目的としています。

 

急激なダイエットは決していいダイエット結果をもたらすことはないのです。

 

その点においても、1万歩ウォーキングによる1ヶ月1kgのダイエット効果は
最もおススメのダイエット法の1つとも言えるわけです。

ウォーキングはどれぐらい歩けば効果があるの?関連ページ

歩く距離
効果が出始めるまでの期間
効果的なスピード
サプリメント
page top