食生活の管理をステップアップさせる

栄養バランスに慣れてきた方が、次に向かうステップは、
カロリーコントロールです。

 

カロリーコントロールとは、ダイエットにおける食事療法のより明確な指標となる部分であり、栄養バランスに比べると、やや上級者向けの管理療法になります。

 

カロリーとは、食材に含まれている熱量を示す『エネルギー量』のことです。

 

同時に、運動や代謝から消費するエネルギー量も表しており、通常は
『〇キロカロリー』といった表記で記されています。

 

カロリー量の適正を学ぶ

成人男性の場合ですと、
身長が170センチの人の理想的な体重は、63キロ程度が目安になっています。

 

この体格を基準にすると、
一日当たりに必要とされるカロリーの摂取量は、
およそ1700〜2200キロカロリー程度
とされています。

 

これを身近な食事から摂取するカロリー量で表すと、おにぎり二個とカレーライスにカツ丼を加えた程度が、およそ1800キロカロリーとなります。
※カロリーの算出量は目安です。

 

最近では、あらかじめカロリーが計算されたメニュー表を備えている飲食店や、カロリー表示の記されたお弁当なども発売されているので、効果的なカロリーコントロールに役立つはずです。

 

また、ご自身の1日の消費カロリーを知りたい方はこちらを参考にしてみてください。
自分の消費カロリーを知る

 

カロリーコントロールの重要性

お腹についた脂肪に悩まされている人であれば、「カロリーを摂り過ぎてるんじゃない?」とか、「高カロリーな物ばっかり食べてるんでしょ」などという指摘を、
一度くらいは受けたことがあるのではないでしょうか。

 

典型的な肥満体質の方の場合、摂取カロリー>消費カロリーになっているのが体重増加の大きな原因として挙げられています。

 

もっと簡単に説明するならば、『良く食べる割に動かない』といった悪習慣が脂肪を増加させているのです。

 

 

このように、肥満とカロリーは密接な関係性を持っており、
日常で消費しきれない量のカロリーを摂り続けることは、
理想的な体系を維持していく上で、最も避けなくてはならない行為ともいえるでしょう。

 

 

さらに慢性的なカロリー過多となっている人の場合は、
皮下脂肪が増大していく傾向にあるので、元の体型に戻すには、
かなりの努力と長期に渡る期間が必要となります。

 

そうならない為にも、普段からカロリーを気遣った食生活を心掛けることは、
とても重要なことなのです。

 

自炊する人はこちらがオススメ→カロリー・栄養価がわかるレシピサイト

カロリーとメタボの関係性

勿論、日頃からカロリーを抑え気味の食事をしている方の中にも、体重の増加で悩んでいる人はいます。
体重の増加とは、単にカロリー量からでは計れない部分があることも事実です。

 

しかし、現時点において、ぽっこりと膨らんでいるお腹に沢山の脂肪を蓄えているような方であれば、カロリーバランスは、十中八九、摂取量に傾いているといっても過言ではありません。

 

先に述べましたとおり、栄養バランスの良い食事を心掛けることはとても重要なことです。
それでも、純粋な食事の摂取量(カロリー)が多いことには、ダイエットが成功へ繋がる可能性はゼロに等しいといえるでしょう。

 

つまり、食生活の改善からダイエットを成功させたいのであれば、

 

まず第一に栄養バランスを見直し、その次にカロリー量をコントロールすることが不可欠なのです。

page top